FXに興味が有るけど内容が解らないという方に見ていただきたいと思います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXに興味がある・FXをこれから始めてみたいけど、
     内容がさっぱり解らないという方のFX基礎の基礎



FXとは

 FXとは、Foreign Exchang の略で外国為替証拠金取引の事です。

 外国為替証拠金取引とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、

 主に差金決済による通貨の売買を行なう取引の事を言います。

 また、通貨証拠金取引、外国為替保証金取引などとも言われます。


 FXの仕組みを簡単に言うと、安いものを買って高く売る事による

 差益を得る事を繰り返すだけです。


 具体例を上げますと、今日1米ドル100円で買ったとします

 (つまり、1米ドル手元にあります)

 翌日、1米ドルが102円に成った時に売れば手元に102円入ります。

 つまり、元々の100円が102円に成り、2円の利益と成ります。

 それをレバレッジを利用して保証金の数倍の額の取引が、1日に何度でも、

 または、数日様子を見る事も出来ます。


 実際の取引例を上げてみますと、

 1米ドル=120円、レバレッジ20倍で取引するとします。

 30万円(2500米ドル相当の円)を証拠金として預託すると

 2500米ドル×20倍=5万米ドルの取引が可能になります。

 1米ドル=120円の時に取引を開始して5万米ドルを買い、

 その後、円安となって1米ドル=125円に成った時に売りました。

 この時の収支は、

  1米ドルあたり、125円-120円=5円の利益となり

  5万米ドルでは25万円の利益になり、

  初めの証拠金の30万円が55万円に成ります。


 勿論、その逆も有りますから、為替の知識、

 更には、どういった状況で為替レートが変動するのかと言う事を

 読まなければいけません。


 米ドルの他に、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドルなど

 様々な通貨の取引が出来ます。

  
FXの魅力、人気の理由

 何と言っても、小資金から始められ、レバレッジを利用して

 大きく取引が出来る、

 また、インターネット環境とFX口座が有れば自宅でも24時間

 取引が出来ると言う事でしょう。


FXの特徴

 1. 多くの外貨建て商品は、通常外貨を買ってから後に売ると言う

  取引に成りますが、FXでは、日本円(JPY)しか持っていなくても、

  米ドル(USD)を売って、ユーロ(EVR)を買うと言った取引も可能です。

 2. レバレッジを利用することによって証拠金の何倍もの

  外貨を取引出来ます。

 3. 為替レートが同じ時の売り相場と買い相場の差(スプレッド)が

  他の金融商品に比べて小さい

 4. 金利差によるスワップポイントも他の金融商品より有利な場合が多い


リスクも知っておきましょう

 1.相場の変動リスク

  相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、

  損失を受ける場合もあります。

  証拠金の何倍もの取引を行なう事が出来る為、

  損失が預託した証拠金を超え、

  更なる証拠金を請求される事もあります。

  これはストップロス注文(0円以下に成ったら自動決済)で

  ある程度回避できます。

 2.金利変動リスク

  FXでは、売りたてている通貨と買いたてている通貨の金利差調整額

  (スワップポイント)の受払いが日々発生します。

  スワップポイントはそれぞれの通過の短期金利に応じて日々変動する為、

  金利の動向によっては、取引を始める際に期待していたスワップポイントが

  受けられない場合もあります。

  また、金利の動向により為替相場自体が大きく変動する場合もあります。

 3.流動性リスク

  FXでは、マーケットの状況により、保有ポジションの決済や

  新たなポジションを買いたてる(または、売りたてる)事が

  困難になる場合もあります。

  その時、流動性の低い通貨の取引を行なう際には、

  希望する価格で取引が出来ない等の不利益を被る事も有り得ます。

 4.システム状のリスク

  FXがインターネット等のシステムを通して行なわれる場合、

  システム障害により取引が遅れる、

  取引が出来ない等の支障が生じる事も有り得ます。

 5.信用リスク

  FX取引業者は、取引において業者自信に損失が発生する場合があり、

  業者が破綻に至った場合には、

  顧客に不利益が発生する可能性があります。

  取引の内容は、取引が業者との相対取引の形態をとるもの、

  取引所への注文を取り次ぐ形態をとるものなど業者によって

  さまざまであり、提供されるサービスに係る約款などをよく理解して

  取引する事が重要です。


FXを始めるためには

 口座を開けば直ぐにでも始める事は可能ですが、

 準備を整えてから始めましょう

 投資する方法、投資する証拠金をどれほどにするかは決めておきましょう。

 

取引業者の選択は重要です

 業者によって、「手数料」 「証拠金額」 「取引可能な通貨ペア」

 「システムの使い易さ」 「情報の豊富さ」 等が違います。

 金融庁にきちんと登録されているかのチェックも必要です。


 先ずは、資料請求して詳細を調べ、十分に検討する事から始めましょう。
  
FC2 Management
非常に人気が高い商材です。
MT4をカスタマイズしたチャートを使用し、
「ドル円」「ポンドドル」「ユーロドル」「ドルスイス」の
4ペアを利用したトレードを行う商材です。

リミットやストップはエントリースポットを決定した時点で
自動的に決まります。
その為、難しい点はあまりなく、
基本的には初心者向けの商材と言えます。

FX-AAA-SuperDirectionSystm
自動売買を行ってくれるプログラムをパソコン内に組み込み、
設定にしたがってトレードをやってくれシステムトレード
というタイプのものです。
更に、このシステムトレード専用の口座を海外に作り、
運用されている70以上あるシステムの中から好きなものを選択し、
運用を委託するという方法を取っているために、
パソコンの電源が入っていない状態でも、
トレードをしっかりやってくれます。
マニュアルを見て、70あるという運用システムが
どのようなものかをチェックした上で、
選択する事ができる仕組みです。

レンタルFX
FXのトレードの手法は色々ありますが、
基本的方法に全体の流れに沿う形で買う順張りか
流れが反転する少し前を狙う逆張りの二つ分けられます。

逆張りを狙う手法に特化した情報商材が、「Reduce-FX」です。
「Reduce-FX」の特徴は、リスクヘッジを中心に、
どういったシグナルの時にどういった行動をすべきか、
といった点がしっかり書かれています。
徹底した逆張り戦術なので、
順張りをメインとしている人には合わせるのが難しいと言えます。
そういう意味で癖が強いというわけです。

サポート管理も非常に充実しています。
購入からの120日間は電話サポートとメールサポートがついています。
また、購入から60日経って、
マニュアルどおりの方法で5セット以内に利益が一度も出なかった場合は、
全額が返金可能というサービスがついています。

Reduce-FX

デイトレードはその日のうちに売買を完了するというもので、
早い場合はものの数分で売買を行う場合もあります。

現在のような景気が不安定な状況下では、
急激な上昇や下落は珍しくありません。
そういった時こそデイトレードにが向いているとも言えます。

そんなデイトレードの必勝法の情報商材です。
その中でも特にトレーダーが多くなる
21時からの7時間を中心に行います。

どんな相場に対しても対応できるような方法を
しっかり提示しているので、初心者にも分かるように
配慮がしっかりされています。
特に、平日の夜数時間だけのトレードを行いたいという
初心者の方には、最も向いている情報商材と言えるでしょう。

また、購入者向けのサポート掲示板も設置してあります。

デイトレンドFX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。